/w/ 両唇軟口蓋接近音 (半母音)

/w/の特徴

/w/は「有声両唇軟口蓋接近音」に分類されます。

「有声」は声を伴う音、「両唇」は上下の唇を使う、「軟口蓋接近音」は舌の付根を盛り上げて軟口蓋に近づける、という意味です。

/w/は日本語の「ワ」に近い音ですが大きな違いがあります。

このような特徴を認識したうえで、/w/を更に細かく見ていくことにしましょう。

 

/w/の読み方

 

口の形: 唇をしっかりと丸めて突き出す「ヒョットコのウ」を作ってから「ワ」に移行する途中の音が/w/となります。 【注意】日本語の「ワ」は唇を丸めて突き出さないので、平べったい「ワ」となり、英語の/w/の音とは異なります。

筋肉: 両唇をしっかり丸めるための筋肉がかなり要ります。

音色: 「ゥワ」という音になればOKです。

 

/w/を含む単語

【注意点】

●スペルと発音記号の関係: 上段=スペル、下段=発音記号を照合しましょう。

●1マス1音節: 例えば Segwayは2マスあるので2音節となります。

●ストレスの位置: 文字サイズが大きいマスを強く読みます。

 

1音節 work

スペル work
発音記号 wɝːk

※/w/は唇をしっかり丸めて突き出しましょう。

 

1音節 was

スペル was
発音記号 wəz

※/w/は唇をしっかり丸めて突き出しましょう。
※Be動詞は基本的に弱形/wəz/なので、1音節でも文字サイズを小さくしています。

 

 

1音節 were

スペル were
発音記号

※/w/は唇をしっかり丸めて突き出しましょう。
※Be動詞は基本的に弱形/wɚ/なので、1音節でも文字サイズを小さくしています。

 

1音節 one

スペル one
発音記号 wʌn

※/w/は唇をしっかり丸めて突き出しましょう。
※スペルはoですが、発音記号は/w/である点に着目しましょう。
※語末の/n/の発音を疎かにしてはいけません。正しく/n/の口を作りましょう。

 

2音節 segway

スペル Seg way
発音記号
seɡ
weɪ

※/w/は唇をしっかり丸めて突き出しましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました