/s/ 無声歯茎摩擦音

/s/の特徴

/s/は「無声歯茎摩擦音」に分類されます。

「無声」は息だけの音

「歯茎」は歯茎と舌先を使う

「摩擦」は狭い隙間から息を吐く際に摩擦させる。摩擦音は「息が続く限り続けられる音」という定義があるので/s~~~/となるべく長く発音しましょう。

/s/の音は、日本語の「ス」の息だけの音です。

/s/と/z/は口の形が同じペアです。

異なる点は/s/が無声・/z/が有声という点のみです。

このような違いを認識したうえで/s/を更に細かく見ていくことにしましょう。

 

/s/の読み方

口の形: 口は軽く開ける。舌先を歯茎すれすれに近づけて狭い隙間を作る。その隙間から/s~~~~~/と息だけの音を続けて吐く。

舌の位置: 舌先を歯茎スレスレに近づけて非常に狭い隙間を作る

筋肉: 歯茎と舌先の間の非常に狭い隙間から強い息を継続的に吐くための腹筋が要る

音色: 息だけの「s~~~~~」という音が聴こえたらOK

/s/を含む単語

【注意点】

●スペルと発音記号の関係: 上段=スペル、下段=発音記号を照合しましょう。

●1マス1音節: 例えば unsung は2マスあるので2音節となります。

●ストレスの位置: 文字サイズが大きいマスを強く読みます。

 

1音節 see /siː/

スペル see
発音記号 siː

※ seeは日本語の「シー」ではありません。「スィィ」に近い音です。

 

2音節 unsung /ʌnˈsʌŋ/

スペル un sung
発音記号
ʌn
sʌŋ

 

 

3音節 consider /kənˈsɪdɚ/

スペル con sid er
発音記号 kən sɪd ɚ

※日本語の「シ」ではなく「スィ」の方が近い音です。

 

タイトルとURLをコピーしました