/t/  無声歯茎破裂音

/t/の特徴

/t/は「無声歯茎破裂音」に分類されます。

「無声」=声を伴わない音

「歯茎」=歯茎に舌先を当てる

「破裂」=歯茎と舌先で閉鎖を作り、勢いよく息を吐く

/t/ は日本語の息だけの「タ行」の音です。

/t/と/d/は口の形が同じペアです。
異なるのは、/t/は声を伴わない・/d/は声を伴う点だけです。

このような違いを認識したうえで、/t/を更に細かく見ていくことにしましょう。

 

/t/の読み方

口の形: 舌先を歯茎に付けて息を溜めてから一気に息を吐きます。

日本語の「タ」を息だけで言う音です。

筋肉: 歯茎を舌先で閉じる際の筋肉と、勢いよく息を吐くための腹筋がかなり要ります。

音色: /t/という息だけの音が聴こえたらOKです。

有気音:語頭の/t/・/t/+子ストレスの乗る強い母音が続く時・

無気音:語末の/t/・弱母音が続く時・前に/s/があるとき

 

/t/を含む単語

【注意点】

●スペルと発音記号の関係: 上段=スペル、下段=発音記号を照合しましょう。

●1マス1音節: 例えば waterは2マスあるので2音節となります。

●ストレスの位置: 文字サイズが大きいマスを強く読みます。

 

1音節 top /tɑːp/

スペル top
発音記号 tɑːp

※語頭の/t/は後続の母音/ɑː/を伴うので勢いよく破裂させる

 

2音節 water /ˈwɑːt̬ɚ/

スペル wa ter
発音記号
wɑː
t̬ɚ

※弱母音が続く/t/は無気音となります。

 

2音節 repeat  /rɪˈpiːt/

スペル re peat
発音記号
piːt

※語末の/t/は破裂せずに「閉鎖音」となります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました