/ts/ 無声歯茎破擦音

破擦音/ts/の音を聴いてみる

日本語の「ツ」を息だけで短く強めに発音すると/ts/に近い音になります。

※日本語の「ツ」は舌先が下側前歯の裏に付くのに対して、英語の/ts/は舌先が上側前歯の裏(歯茎)に付く点が異なります。

「無声歯茎破擦音」は/ts/の正式名称です。一見難しそうですが、以下のように分解してそれぞれの意味を確認すると、理解しやすくなります。

無声(むせい):声を出さない息だけの音

歯茎(しけい):上前歯の裏側の少し盛り上がった部分。(はぐき)

破擦音(はさつおん):破裂音と摩擦音が連続する音

以下の子音チャートで位置を確認してみましょう。

両唇 唇歯 歯茎 後部歯茎 硬口蓋 軟口蓋 両唇軟口蓋 声門
  無声 有声 無声 有声 無声 有声 無声 有声 無声 有声 無声 有声 無声 有声 無声 有声 無声 有声
破裂 p b t d k ɡ
摩擦 f v θ ð s z ʃ ʒ h
破擦 ts dz
m n ŋ
側面 l
接近音 r j w

 

超高速で ①破裂音/t/ ②摩擦音/s/ と連続で発音しているので一つ一つの音は聴こえませんが、このような順番で口が動いていることを知っておくことは大切です。

それでは/ts/について、更に詳しくみていきましょう。

 

/ts/の読み方

口の形: 日本語の「ツ」と同じ口の形だが、舌先が付く場所は上前歯の裏(歯茎)

舌の位置: /t/の音を作るために舌先を上側歯茎に付けるが、瞬間的に舌先中央にわずかな隙間を開けて/s/の音に移行する。

筋肉: 息を強く弾くためかなり腹筋を使う。日本語の「ツ」の6倍くらい強い息。

音色: 息だけで短く強めに発音する「ツ」

 

/ts/を含む単語

【注意点】

●スペルと発音記号の関係: 上段=スペル、下段=発音記号を照合しましょう。

●1マス1音節: 例えば cats は1マスなので1音節となります。

●ストレスの位置: 文字サイズが大きいマスを強く読みます。

 

 

1音節 cats /kæts/ 

スペル cats
発音記号 ts

※日本語の「ツ」は母音の「ウ」を伴っていますが英語の/ts/は子音だけの音です。下線を引いた/ts/は息だけの音であることを確認してください。

 

1音節 it’s  /ɪts/

スペル it’s
発音記号 ɪts

※下線部/ts/を息だけの音にしてください。くどいようですが、日本語の「ツ」ではありません。

※it’s は it is の短縮形

※it’s(それは) と its(その) の発音は全く同じです。

 

1音節 that’s /ðˈæts/

スペル that’s
発音記号 ðˈæts

※下線部/ts/を息だけの音にしてください。くどいようですが、日本語の「ツ」ではありません。

※that’s は that is の短縮形

 

1音節 eats /iːts/

スペル eats
発音記号 ts

※下線部/ts/を息だけの音にしてください。くどいようですが、日本語の「ツ」ではありません。

※eatsはeatの三人称単数形

 

タイトルとURLをコピーしました