/ʃ/ 無声後部歯茎摩擦音

/ʃ/の特徴

日本語の「シュー」を息だけでいうと /ʃ/ に近い音となりますが、ここでアヒル口をしていることがこの音を作る重要なポイントです。

同じ口の形で声を出して「ジュ―」というと /ʒ/に近い音となります。

/ʃ/と/ʒ/ は口の形が同じペアで、異なる点は /ʃ/が無声で/ʒ/が有声ということです。

 

/ʃ/ の読み方

口の形: 日本語のアの半分ほど口を開けてアヒル口を作る

舌の位置: 舌全体を天井にギリギリ付ける手前で隙間を作る。

筋肉: アヒル口の唇と舌先を持ち上げるための筋肉を少し強めに使う

音色: 口の形が整ったら空気を沢山含ませながら「シュー」と息だけの音を出す。

 

名称と分類

名称: エシュ(esh)

分類: 無声後部歯茎摩擦音

 

/ʃ/を含む単語

【注意点】

●スペルと発音記号の関係: 上段=スペル、下段=発音記号を照合しましょう。

●1マス1音節: 例えば ensure は2マスあるので2音節となります。

●ストレスの位置: 文字サイズが大きいマスを強く読みます。

 

 

1音節 ship

スペル ship
発音記号 /ʃɪp

※ /ʃ/が「シュ」に近い音になっていることを確認してください。

 

2音節 ensure

スペル en sure
発音記号 ɪn ʃʊr

※ /ʃ/が「シュ」に近い音になっていることを確認してください。

 

3音節 infection

スペル in fec tion
発音記号 ɪn fek ʃən

※ /ʃ/が「シュ」に近い音になっていることを確認してください。

 

 

4音節 confirmation

スペル con fir ma tion
発音記号 kɑːn meɪ ʃən

※ /ʃ/が「シュ」に近い音になっていることを確認してください。

 

タイトルとURLをコピーしました