/ŋ/ 軟口蓋鼻音

/ŋ/ の特徴

/ŋ/ は「グ」ではありません。

/ŋ/ は 日本語のンガ行(ŋaンガ, ŋiンギ, ŋuング, ŋeンゲ, ŋoンゴ)の /ŋ/だけの音です。

でも /ŋ/ だけの音といってもピンときせんよね?

早速、どのようにして/ŋ/の音を作るのか、以下みていきましょう。

音の作り方

使う場所: 軟口蓋(のどちんこ周辺)と後舌(下の付根)

音の作り方:口を軽く開けて、後舌を盛り上げて軟口蓋に付けた状態で声を出す

息の経路: 声を出している時に息が鼻から出ていることを確認しましょう

筋肉: 舌の付根を盛り上げる時に少し筋肉を使います

音色: /ŋ/だけの音はカタカナで表記できませんが、「ンガと言う直前のンの音」
と考えるとわかりやすいです。「ンガ」と言う前に舌の付根を軟口蓋に当てて声を出してみましょう。

それが/ŋ/の音です。

名称と分類

名称: /ŋ/

分類: 鼻音

声の有無:有声音

 

/ŋ/ を含む単語

【注意点】

●スペルと発音記号の関係: 上段=スペル、下段=発音記号を照合しましょう。

●1マス1音節: 例えばsingerは2マスあるので2音節となります。

●アクセント: 大きい文字の音節を強く読みます。

 

語末の/ŋ/ sing

スペル sing
発音記号 sɪŋ

※シングの「グ」を言う手前で止めた状態で「シン」と発音する。

 

 

語中の/ŋ/ singer

スペル sing er
発音記号 sɪŋ ɚ

※/ŋ/に後続する母音/ɚ/があるので、シンガーと聴こえるが「ンガー」の部分を鼻から息を出す意識をする。

 

 

語末の/ŋ/ singing

スペル sing ing
発音記号 sɪŋ ɪŋ

※1音節目の/ŋ/は後続する母音/ɪ/があるので「ギ」と聴こえるが「ンギ」と発音することを意識する。

※2音節目の/ŋ/は後続する母音がないので「ング」の「グ」の手前で止めることを意識する。

 

タイトルとURLをコピーしました