/f/ 無声唇歯摩擦音

摩擦音/f/の音を聴いてみる

/f/は「無声唇歯摩擦音」に分類されます。

「無声」は息だけの音、「唇歯」は唇と歯を使う、「摩擦音」は口の2か所(唇と歯)を使って摩擦した音を出す、という意味です。

以下の子音一覧表で位置を確認してみましょう。

両唇 唇歯 歯茎 後部歯茎 硬口蓋 軟口蓋  両唇軟口蓋 声門
  無声 有声 無声 有声 無声 有声 無声 有声 無声 有声 無声 有声 無声 有声 無声 有声 無声 有声
破裂 p b t d k ɡ
摩擦 f v θ ð s z ʃ ʒ h
破擦 ts dz
m n ŋ
側面 l
接近音 r j w

 

/f/ は日本語にない音なので口の形が瞬時に作れるようなるまで練習が必要です。日本語の「フ」だと思いがちですが、発音記号は /ɸ/なので全く異なる音なのです。

では違いを見てみましょう。

/f/ は「上の前歯」と「下唇の内側」を使い、吐く息が強い(摩擦が強い)

/ɸ/ は「上の唇」と「舌の唇」を使い、吐く息は弱い(摩擦が弱い)

このような違いを認識したうえで、英語の/f/を更に細かく見ていくことにしましょう。

 

音の作り方

口の形: 上前歯の先を下唇の内側に軽く当て、狭い隙間を作る。
この隙間から強く長く息を吐く。口の形は狭いアヒル口となる。

舌の位置: 後舌部中央が自然にくぼむので舌に意識を向けなくても良い

筋肉: アヒル口を作る上下の唇と強く長く息を吐くため腹筋をかなり使う

音色: 息だけが「フー」と摩擦する音が聴こえたらOK。声が出たらNG。

 

/f/を含む単語

【注意点】

●スペルと発音記号の関係: 上段=スペル、下段=発音記号を照合しましょう。

●1マス1音節: 例えば coffee は2マスあるので2音節となります。

●ストレスの位置: 文字サイズが大きいマスを強く読みます。

 

1音節 fun

スペル fun
発音記号 fʌn

※ /f/単体は息だけの音ですが、後続する音が/ʌ/なので/fʌ/、カタカナでは「ファ」に近い音となります。

 

2音節 coffee

スペル co ffee
発音記号
kɑː
fi

※ /f/単体は息だけの音ですが、後続する音が/i/なので/fi/、カタカナでは「フィ」に近い音となります。

 

3音節 infection

スペル in fec tion
発音記号 ɪn fek ʃən

※ /f/単体は息だけの音ですが、後続する音が/e/なので/fe/、カタカナでは「フェ」に近い音となります。

 

 

4音節 professional 

スペル pro fes sion al
発音記号 prə fe ʃən əl

※ /f/単体は息だけの音ですが、後続する音が/e/なので/fe/、カタカナでは「フェ」に近い音となります。

 

タイトルとURLをコピーしました