/r/ 有声歯茎接近音 (半母音)

/r/の特徴

/r/は「歯茎接近音」に分類されます。

「歯茎」は上前歯の裏辺り(歯茎は「しけい」と読みます)

「接近」は舌先が歯茎に接近するが、絶対に触れない

日本語の「ラ行」は舌先と歯茎が触れて出る音なので英語の/r/と区別しなければなりません。語中や語末の/r/は言い易いけれど、語頭の/r/が発音し難いことが多いでしょう。その際は軽く「ゥ」の音から入るとすんなりできると思います。但し頭に「ゥ」の音を入れるのは幼児語に聴こえるので慣れたら直接/r/から発音できるように心掛けましょう。

このような特徴を認識したうえで、/r/を更に細かく見ていくことにしましょう。

 

/r/の読み方

 

口の形: 口は自然に開き、両唇は/r/音を出す際に少しとがらせる

舌: 歯茎に触れない程度に舌先を立てると、舌根が自然に下がる。舌先以外の部分は上の歯などに触れても良い。

筋肉: 舌先を天井に触れない程度に立てる際に舌先に力が入る。同時に舌根が下がるため、舌根から声帯上部に力が入る。

音色: 舌先と歯茎の隙間から声を出すと「曇ったウ~」のような音が聴こえる。

 

 

/r/を含む単語

【注意点】

●スペルと発音記号の関係: 上段=スペル、下段=発音記号を照合しましょう。

●1マス1音節: 例えば refrainは2マスあるので2音節となります。

●ストレスの位置: 文字サイズが大きいマスを強く読みます。

 

1音節 語頭の/r/・・・red /rɛd/ 

スペル red
発音記号 rɛd

※語頭の/r/が発音し難い場合は「ゥ」から入ると言い易くなりますが、この言い方は幼児語に聴こえるので慣れてきたら直接/r/から入るようにしてください。

 

語中の/r/ 2音節・・・provide /prəˈvaɪd/

スペル pro vide
発音記号
prə
vaɪd

 

 

2音節 語頭+語中の/r/・・・refrain /rɪˈfreɪn/

スペル re frain
発音記号
freɪn

※語頭の/r/が発音し難い場合は「ゥ」から入ると言い易くなりますが、この言い方は幼児語に聴こえるので慣れてきたら直接/r/から入るようにしてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました