/h/ 無声声門摩擦音

/h/の特徴

/h/は「無声声門摩擦音」に分類されます。

「無声」は声を伴わない音

「声門」は声帯と声帯の間に生じる隙間

「摩擦」は狭い隙間から息を吐く際に摩擦させる。摩擦音は「息が続く限り続けられる音」という定義があるので/h~~~/となるべく長く発音しましょう。

/h/の音は、寒い時に「ハー」と手に息を吹きかけるときの音です。

/h/にはペアがありません。

/h/は語末に現れません。

 

/h/の読み方

口の形: 口は軽く開く

舌の位置: 特に意識しなくても良い

筋肉: 声帯の隙間から息だけの音を出す際に多少腹筋を使う

音色: 寒いときに手を暖めるために「ハー」と息を吐く音

 

/h/を含む単語

【注意点】

●スペルと発音記号の関係: 上段=スペル、下段=発音記号を照合しましょう。

●1マス1音節: 例えば behave は2マスあるので2音節となります。

●ストレスの位置: 文字サイズが大きいマスを強く読みます。

 

1音節 hold /hoʊld/

スペル hold
発音記号 hoʊld

※/h/の口の構えは、次の母音の口の形となります。つまり/o/の口の形を作り/hoʊ/を発音します。

 

2音節 behave /bɪˈheɪv/

スペル be have
発音記号
heɪv

※/h/の口の構えは、次の母音の口の形となります。つまり/e/の口の形を作り/heɪ/を発音します。

 

3音節 prohibit /proʊˈhɪbɪt/

スペル pro hib it
発音記号 proʊ hɪb ɪt

※/h/の口の構えは、次の母音の口の形となります。つまり/ɪ/の口の形で/hɪ/を発音します。

タイトルとURLをコピーしました