【音声付】/o/ は基本的に二重母音 /oʊ/ の中で使われる 唇をしっかり丸める「オ」 強母音・二重母音・円唇後舌半狭母音

短母音/o/は母音チャートに便宜的に表示しているだけで、

基本的に単体で使われず、二重母音 /oʊ/ の中で使われます。

 

 

詳しくは 二重母音 /oʊ/ のページをご参照ください。

 

 

【音声付】/oʊ/ は強く唇を丸める「オ」から緩い「ゥ」へ滑らかに移行する「オゥ」に近い音 強母音・二重母音・長母音
二重母音/oʊ/の音を聴いてみよう /i/ /ɪ//ɛ//æ//ə//u//ʊ//ɔ/ /ʌ//ɑ//e//a//o//ɒ//ɚ//ɝ/ /oʊ/のように連続する母音を二重母音といいます。 母音が2つあるのではなく、連続する1つの音と捉えます。 homeは「ホーム」と書きますが、実際は「ホゥm」です。 (/m/はカタカナで表記できないのでそのまま発音記号を使用しました) remoteは「リモート」と書きますが、実際は「リモゥt」です。 (/m/はカタカナで表記できないのでそのまま発音記号を使用しました) /oʊ/の読み方 口の形: /o/ は唇をしっかりと丸めて /ʊ/ は丸めない 舌の位置: 前側は動かさないが、後舌の盛り上がりがある 筋肉: /o/ は口を丸めるので筋肉を使うが、/ʊ/ は弛緩させるので使わない 音色: /o/ から /ʊ/ へ流れるように「オ~ゥ」と発音する /o/ は強く、気持ち長め /ʊ/  は弱めに、但し相手に伝わるレベルで明瞭に。 /oʊ/の名称と分類 名称: 特にナシ 分類: 二重母音  (dipht...

 

 

 

短母音の「オ」に相当する発音記号は /ɔ/です

 

【音声付】/ɔː/ は「オ」の口を固定して「ア」という音・オとアの中間音・強母音・長母音・円唇後舌半広母音
強母音/ɔː/の音を聴いてみよう /i/ /ɪ//ɛ//æ//ə//u//ʊ//ɔ/ /ʌ//ɑ//e//a//o//ɒ//ɚ//ɝ/ アメリカ英語では、/ɔː/は通常伸ばす音として使われます。 /ɔː/は強母音なので、ストレスが乗る強い音です。 /ː/は長音記号と呼ばれ、音を十分伸ばすという指示記号なので、/ɔ/という音を十分に伸ばすことが必要です。このような母音を長音母音と呼びます。 つまり/ɔː/は強母音であり、長母音でもあります。 辞書によっては/ɔː/を/ɑː/と表記している場合もあります。 /ɔː/の音の作り方 口の形: 日本語のオの口を1.5倍ほど開けて緩く丸めます 舌の位置: 後舌母音なので舌の奥が盛り上がります 筋肉: 唇を丸める筋肉を若干使います 音色: 日本語のオとアの中間的な音となりますが、人によってはオかア、どちらかに近い音となる場合もあります /ɔː/の名称と分類 名称: Open O 分類: 強母音・長母音(強くて長く、ストレスが乗る音) レッスン受講ご希望の方は以下のリンクからご予約ください 現在開...

 

タイトルとURLをコピーしました