弱母音/ə/ 中舌中央母音・曖昧母音・Schwa・シュワ

/ə/の特徴 弱母音・短母音・中舌母音・曖昧母音・Schwa・シュワ

●英語母音の30%が /ə/ です。使用頻度が最も高い音なので、最初に習得することで聴こえる範囲が一気に広がると共に、今までより遥かに通じる英語になります。

●/ə/ は弱母音の代表格で、単語のどこにでも出現します。

●/ə/ は日本語に無い音なのでカタカナで表記することはできません。「アバウト」
のように「ア」で置き換えることが多いですが、決して「ア」ではありませんから
注意が必要です。

●単語によっては「イ」「ウ」「エ」「オ」に聴こえるときもあるため、曖昧母音と
呼ばれるのです。 このページの下記に曖昧母音を含む単語の例を挙げたように、
ソファでは「ア」、モーメントでは「エ」のように表現されます。これらの音を
意識的に /ə/ で発音することで英語の語感が養われます。

 

/ə/の音の作り方

口の形: 口を1mmだけ開ける

舌の位置: 舌は動かさない

筋肉: 口の筋肉は緩めてリラックスする

音色: 弱く短い曇った「ア」と「オ」の中間的な音

 

/ə/の名称と分類

名称: 曖昧母音、又は Schwa(シュワ)

分類: 弱母音(弱くて短い・ストレスが乗らない音)

 

/ə/を含む単語

【注意点】

●スペルと発音記号の関係: 上段=スペル、下段=発音記号を照合しましょう。

●1マス1音節: 例えばalertは2マスあるので2音節となります。

●ストレスの位置: 文字サイズが大きいマスを強く読みます。

 

/ə/をアと読む例:alert

スペル a lert
発音記号 ə lɝːt

※アラートの「ア」の部分を「ə=ア」と読んでいます。

 

/ə/をイと読む例:machine

スペル ma chine
発音記号 ʃiːn

ミシンの語源は machineです。ここでは「ミ」だから「ə=イ」です。
機械の語源も machineです。この場合「マシーン」は「ə=ア」と認識していますが、/ə/ はア・イ・ウ・エ・オのどの音にも当てはまるということです。

 

/ə/をウと読む例:virus

スペル vi rus
発音記号 vaɪ rəs

※「ウイルス」はラテン語読みなのですが 「ə=ウ」と読んでいます。
英語読みは「ヴァイラs」となります。

 

 

/ə/をエと読む例:emergency

スペル e mer gen cy
発音記号 ɪ mɝː dʒən si

※エマージェンシの「ジェ」の部分を「ə=エ」と読んでいます。

 

/ə/をオと読む例:infection

スペル in fec tion
発音記号 ɪn fek ʃən

※インフェクションの「ショ」の部分を「ə=オ」と読んでいます。

 

タイトルとURLをコピーしました