強母音/ɑː/ 非円唇後舌広母音

強母音/ɑː/ の音を聴いてみよう

/ɑ/の名称はscript A(筆記体のA)です。

強母音かつ長母音の/ɑː/ はストレスが乗り、強く長い音です。

/ɑː/は辞書により異なる発音記号が使われていますが、これは国や地域的な音の差を表しています。

例)hot  米国/hɑːt/ 英国/hɒt/

 

/ɑː/ はまた、非円唇後舌広母音(ひえんしんあとじたひろぼいん)という母音に分類されます。下記の3つの要素を含む母音、という意味です。

非円唇=唇の丸めがない
後舌=舌の最高点が最も低い
広=口の開きが最も広い

 

/ɑː/の読み方

口の形: 縦に口を大きく開けて後舌部を喉奥にぐっと引く

筋肉: 口を大きく開ける筋肉と、後舌部を奥に引く際に筋肉を使う

音色: あくびするように口の奥をぐっと開けて、ダブルで言う「アァ」という音。
日本語の「ア」より共鳴するので奥深い音となる

 

/ɑː/を含む単語

【注意点】

●スペルと発音記号の関係: 上段=スペル、下段=発音記号を照合しましょう。

●1マス1音節: 例えばconfidenceは3マスなので3音節となります。

●ストレスの位置: 文字サイズが大きいマスを強く読みます。

 

1音節 hot /hɑːt/

スペル hot
発音記号 hɑːt

 

 

2音節 knowledge /ˈnɑːlɪdʒ/

スペル knowl edge
発音記号 nɑːl ɪdʒ

 

 

3音節 confidence /ˈkɑːnfədəns/

スペル con fi dence
発音記号 kɑːn dəns

 

タイトルとURLをコピーしました