【音声付】/a/ は基本的に二重母音 /aɪ/の中で使われる 強母音・二重母音・非円唇前舌広母音

短母音/a/は母音チャートに便宜的に表示しているだけで、

基本的に単体で使われず、二重母音 /aɪ/ の中で使われます。

 

 

詳しくは 二重母音 /aɪ/ のページをご参照ください。

 

【音声付】/aɪ/ は大きい「ア」から緩い「ィ」へ滑らかに移行する「アィ」に近い音 強母音・二重母音・長母音
二重母音/aɪ/ の音を聴いてみよう /i/ /ɪ//ɛ//æ//ə//u//ʊ//ɔ/ /ʌ//ɑ//e//a//o//ɒ//ɚ//ɝ/ /aɪ/は二重母音と呼ばれる母音です。 「ア~ィ」と流れるように1つの音として発音します。 「ア・イ」と2つの音として発音しないように注意が必要です。 /aɪ/で使われる/a/という発音記号は原則、二重母音でのみ出現します。 /aɪ/の読み方 口の形: /a/は日本語の「ア」の2倍口を開き、/ɪ/はエの口の形で「イ」と言う 筋肉: /a/は口を縦に大きく開く際に筋肉を使うが、/ɪ/は緩めるので筋肉は使わない 音色: /a/から/ɪ/へ「ア~ィ」と流れるような1つの音 レッスン受講ご希望の方は以下のリンクからご予約ください 現在開講している日程以外でもできるだけご希望に沿うようレッスン日時を調整させていただきますのでお気軽にご連絡くださいませ。 Looking forward to meeting you soon! ストアカ   (function() { var s ...

 

 

 

短母音の「ア」に相当する発音記号は /ɑ/となりますが、代わりに/a/を使用しているケースも散見されます。

 

【音声付】/ɑː/ は大きく口を開き喉の奥から出す「ア」に近い音 強母音・長母音・非円唇後舌広母音
強母音/ɑː/ の音を聴いてみよう /i/ /ɪ//ɛ//æ//ə//u//ʊ//ɔ/ /ʌ//ɑ//e//a//o//ɒ//ɚ//ɝ/ /ɑ/の名称はscript A(筆記体のA)です。 強母音かつ長母音の/ɑː/ はストレスが乗り、強く長い音です。 /ɑː/は辞書により異なる発音記号が使われていますが、これは国や地域的な音の差を表しています。 例)hot  米国/hɑːt/ 英国/hɒt/ /ɑː/ はまた、非円唇後舌広母音(ひえんしんあとじたひろぼいん)という母音に分類されます。下記の3つの要素を含む母音、という意味です。 非円唇=唇の丸めがない 後舌=舌の最高点が最も低い 広=口の開きが最も広い /ɑː/の読み方 口の形: 縦に口を大きく開けて後舌部を喉奥にぐっと引く 筋肉: 口を大きく開ける筋肉と、後舌部を奥に引く際に筋肉を使う 音色: あくびするように口の奥をぐっと開けて、ダブルで言う「アァ」という音。 日本語の「ア」より共鳴するので奥深い音となる レッスン受講ご希望の方は以下のリンクからご予約ください 現在開講し...

 

タイトルとURLをコピーしました