強母音/iː/と弱母音/i/ 非円唇前舌狭母音

強母音/iː/の発音方法

✅ 口角を上げてニコっと笑う口で「イィ」と発音します。

✅ 口を左右に思いきり引くので口の筋肉をかなり使います。

✅ 音色は「イー」と平坦に伸ばすのではありません。「イィ」と1番目のイを強く、2番目のィを弱めに発音しましょう。日本語の「イ」よりクリアな音です。

 

✅ //は強母音(強い音の母音)に分類されます。

✅ //は長母音(長い音の母音)にも分類されます。

✅ //は非円唇前舌狭母音に分類されます。

✔ 長母音とは長く伸ばす音です。

✔ 非円唇前舌狭母音音とは、以下の3点を意味します。

①非円唇(ひえんしん)=唇を丸めない

②前舌(まえした)=舌の前側を使う

③狭(せま)=口の開き方が狭い

つまり、唇を丸めず、舌の前側を使う口の開きが狭い母音、という意味です。

✅ // は英語の母音の中で舌の最高点が最も高く手前にあります。

 

/iː/を含む単語

スペルと発音記号がどのように対応するのか、音節の数、ストレスの乗る音節はどこか?ということも合わせて見て行きましょう。

1音節 sea  /siː/

スペル sea
発音記号 siː

※1音節の場合、必然的にこの音節にストレスが乗るので強く発音します。

2音節 indeed  /ɪnˈdiːd/

スペル in deed
発音記号
ɪn
diːd

3音節 paprika  /pæpˈriːkə/

スペル pap ri ka
発音記号 pæp riː

 

4音節 comedian  /kəˈmiːdiən/

スペル co me di an
発音記号 miː di ən

 

弱母音/i/の発音方法

✅ 弱母音/i/は、強母音/i:/よりも脱力して弱く短く「ィ」と発音します。

✅ 弱母音/i/は、筋肉を緩めるため強母音/i:/よりも舌の位置がやや下がります。

 

/i/を含む単語

スペルと発音記号がどのように対応するのか、音節の数、ストレスの乗る音節はどこか?ということも合わせて見て行きましょう。

2音節  city  /ˈsɪt̬i/

スペル cit y
発音記号
sɪt̬
i

 

✔ 第2音節の弱母音/i/を、短く弱く発音しましょう。

 

3音節  cereal  /ˈsɪriəl/

スペル ce re al
発音記号 ri əl

✔ 第2音節の弱母音/i/を、短く弱く発音しましょう。

 

4音節  colonial  /kəˈloʊniəl/

スペル co lo ni al
発音記号 loʊ ni əl

✔ 第3音節の弱母音/i/を、短く弱く発音しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました