強母音/æ/ 非円唇前舌狭めの広母音

強母音・短母音・非円唇前舌狭めの広母音/æ/の特徴

/æ/ の名称はゲルマン語由来のアッシュ(ash) です。

/æ/ はアとエの中間的な音です。

/æ/ は強母音なのでアクセントが乗る強い音です。

/æ/ は短母音なので短い音です。

 

/æ/の読み方

口の形: 日本語の「ア」より広めの口で固定して「エ」と言う

筋肉: 緩い音なので口の筋肉も舌の筋肉も使わなくてよい

音色: アとエの中間音

 

/æ/を含む単語

【注意点】

●スペルと発音記号の関係: 上段=スペル、下段=発音記号を照合しましょう。

●1マス1音節: 例えばmatterは2マスなので2音節となります。

●ストレスの位置: 文字サイズが大きいマスを強く読みます。

 

1音節 cat /kæt/

スペル cat
発音記号 kæt

※ 音節が1つしかない単語ではこの1音節を強く読めばよいのでストレスの位置を考える必要はありません。

 

2音節 matter /ˈmæt̬ɚ/

スペル mat ter
発音記号 mæt̬ ɚ

 

 

2音節 address /ˈædres/

スペル ad dress
発音記号 æd res

※第一音節にストレスが乗るのはアメリカ英語の名詞 /ˈædres/ のみ。
※通常は名詞も動詞も第二音節にストレスがある/əˈdres/となります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました