強母音/ɔː/ 円唇後舌半広母音

強母音/ɔː/の音を聴いてみよう

アメリカ英語では、/ɔː/は通常伸ばす音として使われます。

/ɔː/は強母音なので、ストレスが乗る強い音です。

/ː/は長音記号と呼ばれ、音を十分伸ばすという指示記号なので、/ɔ/という音を十分に伸ばすことが必要です。このような母音を長音母音と呼びます。

つまり/ɔː/は強母音であり、長母音でもあります。

辞書によっては/ɔː/を/ɑː/と表記している場合もあります。

 

/ɔː/の音の作り方

口の形: 日本語のオの口を1.5倍ほど開けて緩く丸めます

舌の位置: 後舌母音なので舌の奥が盛り上がります

筋肉: 唇を丸める筋肉を若干使います

音色: 日本語のオとアの中間的な音となりますが、人によってはオかア、どちらかに近い音となる場合もあります

 

/ɔː/の名称と分類

名称: Open O

分類: 強母音・長母音(強くて長く、ストレスが乗る音)

 

/ɔː/を含む単語

【注意点】

●スペルと発音記号の関係: 上段=スペル、下段=発音記号を照合しましょう。

●1マス1音節: 例えばbecauseは2マスなので2音節となります。

●ストレスの位置: 文字サイズが大きいマスを強く読みます。

 

1音節 dog

スペル dog
発音記号 dˈɔːg

※ /ɔː/を/ɑː/で表記している場合は /dɑːɡ/ となります。

 

1音節 board

スペル board
発音記号 bɔːrd

※/ɔː/に/r/が続く場合は/ɑː/に置き換わりません。

 

2音節 because

スペル be cause
発音記号 kˈɔːz

※ /ɔː/を/ɑː/で表記している場合は/bɪˈkɑːz/となります。

 

2音節 sorry

スペル sor ry
発音記号 sɔː ri

※/ɔː/に/r/が続く場合は/ɑː/に置き換わりません。

 

タイトルとURLをコピーしました