/aʊɚ/ R性三重母音

/aʊɚ/の特徴       (/aʊr/ /aʊər/ /ɑʊɚ/)

✅R性三重母音はアメリカ英語特有の音

✅/aʊɚ/のように1音節の中で母音が3連続する音素を「R性三重母音」という

✅/a/と/ʊ/と/ɚ/を個別に捉えるのではなく、/aʊɚ/を1つの音として発音する

✅/ɚ/はほぼ/r/と同じ音だが前の母音から滑らかに/r/に移行する部分を含む母音である

✅辞書によって /aʊɚ/ /aʊr/ /aʊər/ /ɑʊɚ/のように表記が異なる

✅以下、同じ単語で複数のオンライン辞書を比較してみた

スペル sour hour flower
Weblio sάʊɚ άʊɚ flάʊɚ
Cambridge saʊr aʊr ˈflaʊɚ
Oxford ˈsaʊər ˈaʊər ˈflaʊər
Longman saʊr aʊr ˈflaʊər

✅つまり  /aʊɚ/ =/aʊr/=/aʊər/=/ɑʊɚ/ということになるが、かなりばらつきがある

✅検討の結果、本サイトでは/aʊɚ/を採用することにする。

【理由】
三重母音は、1音節に3つの母音が含まれる見解から本サイトでも/ɚ/を採用した。子音/r/はその発音特性から、R性母音/ɚ/と見做すことができる。

 

どうしてこんなややこしいことになっているかというと、辞書の発行元がそれぞれの基準で発音記号を使用しているからなんです。

 

でも、それじゃぁ学習者としては分かり難いですよね?

 

そうなんです。この問題をどのように解決するかというと

[使う辞書を決める]ということです。それに関する記事は別途書くのでお楽しみに(^^♪

 

/aʊɚ/の発音方法

✅ 考え方として「二重母音の/aʊ//ɚ/を付けたら三重母音」になる。それぞれの音素の発音方法は以下のとおり:

✅ /a/は、日本語のアの2倍口を開き舌を前面に出す。(舌尖は下前歯の裏に付く)

✅ /ʊ/は、ウとオの中間音。ふわっと唇を丸めた「ウ」で固定して「オ」と言う。

✅ /ɚ/はほぼ/r/と同じ音だが前の母音から滑らかに/r/に移行する部分を含む母音

✅ /aʊɚ/の中心は最初の音。つまり/a/を最も強く発音し/ʊɚ/は惰性で繋げる感じ。

✅ /aʊɚ/を1塊で「アゥァ」のように発音する。

 

/aʊɚ/を含む単語 

【注意点】

✅スペルと発音記号の関係の確認: 上段はスペル・下段は発音記号

✅1マス1音節: 例えばflowerは1マスなので1音節となる

✅ストレスの位置: 文字サイズが大きいマスを強く読む

 

1音節 our/aʊɚ/

スペル our
発音記号 aʊɚ

✅ /aʊɚ/の/a/を強く、/ʊɚ/は脱力して「アゥァ」のように読む。

 

1音節 scour /skaʊɚ/

スペル scour
発音記号 skaʊɚ

✅ /aʊɚ/で中心となる/a/が/k/と結合するので/ka/を強く読み/ʊɚ/は脱力。

✅ 語頭の/s/は無声音なので「息だけのス」。/su/とならないよう注意。

 

1音節 flour /flaʊɚ/

スペル flour
発音記号 flaʊɚ

✅ /aʊɚ/で中心となる/a/が/l/と結合するので/la/を強く読み/ʊɚ/は脱力。

✅ 語頭の/f/は無声音なので「息だけの/f/」。/fu/とならないよう注意。

 

タイトルとURLをコピーしました