/aʊ/ 二重母音

二重母音/aʊ/の音を聴いてみよう

 

/aʊ/のように連続する母音を二重母音といいます。
母音が2つあるのではなく、連続する1つの音と捉えます。

カタカナでは「アウ」と書きますが、「ア~ォ」の方が英語の音に近いです。

例えば

cloudは「クラウド」と書きますが、実際は「kラ~ォd」です。
(/k/や/d/はカタカナで表記できないのでそのまま発音記号を使用しました)

howは「ハウ」と書きますが、実際は「ハ~ォ」。

allowは「アロウ」と読み間違いが多いですが、実際は「アラ~ォ」です。

発音記号 /əˈlaʊ/ で分かるように、/ʊ/はウとオの中間音なので「ウ」というよりは緩い「オ」に聴こえます。

 

/aʊ/の読み方

 

口の形:   /a/ は日本語のアの1.5倍口を開ける「ア」
/ʊ/ は唇を緩く丸めてウとオの中間的な音を出す

筋肉:     /a/ は口を大きく開ける際に顎の筋肉を使う
/ʊ/ は弛緩させるので筋肉は使わない

舌の位置: /a/ は舌尖が下前歯の裏に付く
/ʊ/ は後舌の軽い盛り上がりがある

音色:    /a/ から /ʊ/ へ流れるように「ア~ォ」と発音する
/a/ は強く長め、
/ʊ/ は弱く短く、但し相手に伝わるレベルで明瞭に。

数値で表すと /a/ : /ʊ/ = 1.5 : 0.5 くらいの長さ

 

/aʊ/の名称と分類

名称: 特にナシ

分類: 二重母音 (diphthong)

/aʊ/を含む単語

【注意点】

●スペルと発音記号の関係: 上段=スペル、下段=発音記号を照合しましょう。

●1マス1音節: 例えばlockdownは2マスあるので2音節となります。

●ストレスの位置: 文字サイズが大きいマスを強く読みます。

 

found /faʊnd/ 1音節

スペル found
発音記号 faʊnd


英語に近い音:ファ~オnd

カタカナ読み:ファウンド

 

cloud /klaʊd/ 1音節

スペル cloud
発音記号 klaʊd


英語に近い音: kラ~ォd

カタカナ読み: クラウド

 

how /haʊ/ 1音節

スペル how
発音記号 haʊ


英語に近い音: ハ~ォ
カタカナ読み :ハウ

 

allow /əˈlaʊ/   2音節

スペル a llow
発音記号 ə laʊ

英語に近い音: アラ~ォ
カタカナ読み:アロウ

 

lockdown /ˈlɑːkdaʊn/ 2音節

スペル lock down
発音記号 lɑːk daʊn


英語に近い音: ラーkダ~ォn

カタカナ読み: ロックダウン

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました