/eɪ/ 二重母音

/eɪ/ の特徴

/eɪ/は二重母音と呼ばれる母音です。

「エ~ィ」と流れるように1つの音として発音します。

「エ・イ」と2つの音として発音しないように注意が必要です。

/eɪ/で使われる/e/という発音記号は原則、二重母音でのみ出現します。

単母音の「エ」は本来/ɛ/を使用していたのですが、最近はアルファベットと同じ形の/e/を使用する辞書が増えてきているようです。/e/と/ɛ/の違いは/e/の方が舌の最高位置が/ɛ/より若干高いという点です。

 

/eɪ/の読み方

口の形: /e/は口を左右に引いて口角を上げ、/ɪ/はエの口の形で「イ」と言う

筋肉: /e/は口を左右に引く際に筋肉を使うが、/ɪ/は緩めるので筋肉は使わない

音色: /e/から/ɪ/へ「エ~ィ」と流れるような1つの音

 

/eɪ/を含む単語

【注意点】

●スペルと発音記号の関係: 上段=スペル、下段=発音記号を照合しましょう。

●1マス1音節: 例えばremainは2マスなので2音節となります。

●ストレスの位置: 文字サイズが大きいマスを強く読みます。

 

1音節  take /teɪk/

スペル take
発音記号 teɪk

 

 

2音節  remain /rɪˈmeɪn/

スペル re main
発音記号 meɪn

 

 

3音節  indicate /ˈɪndɪkeɪt/

スペル in di cate
発音記号 ɪn keɪt

 

 

4音節  available  /əˈveɪləbəl/

スペル a vail a ble
発音記号 ə veɪl ə bəl

 

タイトルとURLをコピーしました