英語学習方法

英語学習方法

どうすれば英語が話せるようになりますか?という質問に対する回答を私自身の経験に基づいて真摯にお答えします

Q:  どうすれば英語が話せるようになりますか? A:【発音】【語彙】【文法】+【会話】をバランス良く学習すれば必ず英語は話せるようになります。 最近、〇〇だけやれば英語が話せるようになるという広告を良くみかけるのですが本当にそうでしょうか? 私自身、自信を持って英語が話せるようになるまで相当時間がかかりましたので、そう簡単に習得できるとは思っていません。 ですが、効率的な方法で学習すれば不可能ではないとも考えています。振り返れば、がむしゃらに勉強をしても上達しないと悩み、諦めモードに陥りやる気を失いしばらくしてまた頑張ったり、の繰り返しでした。  最終的に何をどのように学べば回り道をしなくて済んだのだろう?と何度も自分自身に問いかけて最終的に出した答えを皆さまと共有させていただきたいと思います。 その答えはタイトルに書いたとおり、【発音】【語彙】【文法】+【会話】をバランス良く学習すれば必ず英語は話せるようになる、というものです。結局、何か1つ欠けていても会話はできるようにはならない、というのが私の結論です。 例えば想像してみてください。 発音だけ良...
2020.12.26
英語学習方法

文法書 “English Grammar in Use” を教材に使った発音改善レッスン

音声読上機能と翻訳機能を使ってEnglish Grammar in Use で発音と文法を同時に仕上げるレッスン S.M.さんは、世界一売れている文法書 "English Grammar in Use" を使って発音改善のレッスンを受講していただいております。文法も押さえながらの発音改善ができるので、基本からしっかり学ばれたい方に最適なレッスンです。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b=b||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts;(b.q=b.q||,e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"English Grammar in Use 5th edition Book with answers and inter...
2020.12.26
英語学習方法

Steve Jobsのスピーチ “Stay hungry, stay foolish”を教材に使った発音改善レッスン

【レッスンフィードバック】Steve Jobsのスピーチ "Stay Hungry Stay Foolish" を教材とした発音改善レッスン S.E.さんは2265語あるスクリプトの975語分の1センテンス毎の発音改善ができていますが、ここで一旦立ち止まって冒頭から連続音読をしていただいております。 その理由は、通常の会話ではセンテンスが連続するからです。1センテンスだけで終わる場面の方が少ないのではないでしょうか。 流れるように英語が話せるようになるためにはそれなりのトレーニングが必要です。 発音改善は3つの関門を段階的にクリアするのがベスト 【第一関門】 単語を正しく発音できる 【音素+音節+強勢】 MS Wordの音声認識機能で100%認識されること。 発音基礎3セット を確認しNGがでる単語は認識されるまで徹底改善を行います。 【第ニ関門】 文を滑らかに発音できる 【連結+脱落+同化+Flapping】 滑らかに読む為には連結(Linking) 脱落(Reduction) 同化(Assimil...
2020.12.26
英語学習方法

Q: 外国人講師に「発音はいいけどイントネーションがおかしい」と言われました。何を改善すればいいですか?

英語の発音は広範囲にわたります。 母音・子音という音素レベルから学び、音節・語強勢・音の変化(連結・脱落・同化)・句強勢・文強勢・リズム・強弱・イントネーションなど日本語と異なる音色・リズムを積み上げ式で習得するのが最短距離です。何かが欠けていても英語らしい音は出せないので全てを学ぶ姿勢で取り組んでいただきたいと思います。
2020.12.26
英語学習方法

会話をするためには発音・単語・文法をPassiveからActiveに切り替えよう

この記事の対象は、英検準2級以上の基礎学力をお持ちの英語学習者です。 最初の1000時間は Passive を Active に切り替える 高校卒業までに真面目に英語を勉強された方であれば英検準2級レベルの基礎学力があり、語彙数は約3000語を学んでいるはずです。ですがこれらの語彙と文法力を駆使して自ら英作文して、更に相手に通じる発音で話すことができますか? それができないから困ってるんじゃないか!という声が聞こえてきそうですが実はいま持っている基礎学力で英語を話すことは可能なのです。話せない理由は「話す練習をしていないから」という極単純なものです。 ですから、話せない人は今すぐ「話す練習」を始めてください。 今の時代わざわざ海外留学をしなくてもその気になればオンライン英会話スクールで、今日からでも英語を話すことができます。 但し、ここからが重要なポイントなので熟読してくださいね。 初・中級者の方はレベルに応じた教材を使ったレッスンを受講しよう フリーカンバセーションは上級者向きです。 会話経験のない初...
2020.12.26
英語学習方法

ひらがなが読めるように、英語の音素を読めるようになることが発音の第一歩

音素→音節→単語→句→節→文の順序で発音を積み上げると、文法も含めて理解が深まります 句、節、文は聞いたことがあるけど、音素や音節って何? と思われた方ご安心ください。1つずつ丁寧に解説しますので一歩ずつ階段を上るように理解できますよ^^ 先ずは「音素」を理解しよう 音素とはそれ以上分解できない音の最小単位です。 例えばcatはcとaとtに分解できますが、cをこれ以上分解できないのでcが音素です。aもtも同様にこれ以上分解できないので、これらも音素ですね。 では、cとaとtは、それぞれどんな音でしょう? c=シー・ a=エィ・t=ティ と答えた方は残念でした。 それは、アルファベットの名前なんです! では、catの音とはどのように発音すればよいのでしょう? ここからが難しい部分でカタカナで表記すると正しく伝えることができないで、音声ファイルで聴いてください。 c の音を3回聴いてください 「息だけのカッ」のように聴こえますがカタカナで書くと/ka/のように余計な/a/という音が入ってしまいます。 日本語に無い音はカタカナ...
2021.01.28
英語学習方法

外国人講師との会話1000時間投入!200時間単位で手応えを感じるので200時間x5クールを頑張ってみよう!

会話の練習を何時間もしているのに一向に上達しないと感じている英語学習者さん、絶対学習量を知っていれば無駄な遠回りや挫折をせずに学習継続できますよ。先ずは会話練習に1000時間投入しましょう。必ず上達します。悩んだり凹んだりする時間の無駄を徹底的に取り除き、淡々と会話練習に励む姿勢が大切です。
2020.12.26
英語学習方法

暗唱の威力を実感しています

暗唱と暗記はまったく別物です 以下がそれぞれの語の定義です。 一般的な暗記とは:頭の中だけで記憶する作業 一般的な暗唱とは:暗記した内容を文字を見ずに音声として発声する作業 ですが、私のレッスンでは以下の条件が必須です。 ※正しい発音で ※瞬時に ※ネイティブ音声と同じ速さで(速度調節で多少スピードダウンしてもOK) ※詰まらずに ※単語の意味も文法も100%理解し、説明できる 私のレッスンでは暗唱を宿題にしています。 量的には短文なら多くて約5センテンス、長文なら1センテンスです。 条件付き暗唱をして貰う理由は、以下のとおりです。 ※正しい発音で発声する これは本当に当たり前のことですが、間違った発音では通じません。日本人英語に慣れている心優しい外国人なら、理解しようとがんばってくれますが外国(特に英語圏)に於いてはそんなことは微塵も望めないのが現実です。 いくら一所懸命、英語らしい音で発音してると本人が思っていても、実際は通じないし、明らかに「面倒くさいな」という顔で溜息までつかれることさえあります!! 悲しいかな相手にすらして貰えないです(;'∀...
2020.12.09
英語学習方法

English Grammar in Useを使ったレッスン

教材:English Grammar in Use (Intermediate) 音声に焦点を当てたレッスンなのに "Grammar"って文法じゃん!? と思われた方もいるかと思います。 が、発音改善をする際も、せっかくならば文法を覚えながらの方が一石二鳥ですよね? ということで今日はUnit70Aの可算名詞・不可算名詞について文法的説明と意味をご説明したうえで、音声認識をしていただいております(^^♪ 今日のセンテンス: Enjoy your trip.  Have a good time! (可算名詞としてのtime) I can’t wait.  I don’t have time.   (不可算名詞としてのtime) I don’t like coffee very much.    (飲み物は通常、不可算名詞) Two coffees and an orange juice, please. (可算にする場合は a cup of coffee, a glass of orange juiceなどと言いますが...
2020.12.09
タイトルとURLをコピーしました