どうすれば英語が話せるようになりますか?という質問に対する回答を私自身の経験に基づいて真摯にお答えします

目次

Q:  どうすれば英語が話せるようになりますか?

A:【発音】【語彙】【文法】+【会話】をバランス良く学習すれば必ず英語は話せるようになります。

最近、〇〇だけやれば英語が話せるようになるという広告を良くみかけるのですが本当にそうでしょうか? 私自身、自信を持って英語が話せるようになるまで相当時間がかかりましたので、そう簡単に習得できるとは思っていません。

 

ですが、効率的な方法で学習すれば不可能ではないとも考えています。振り返れば、がむしゃらに勉強をしても上達しないと悩み、諦めモードに陥りやる気を失いしばらくしてまた頑張ったり、の繰り返しでした。

 

最終的に何をどのように学べば回り道をしなくて済んだのだろう?と何度も自分自身に問いかけて最終的に出した答えを皆さまと共有させていただきたいと思います。

 

その答えはタイトルに書いたとおり、【発音】【語彙】【文法】+【会話】をバランス良く学習すれば必ず英語は話せるようになる、というものです。結局、何か1つ欠けていても会話はできるようにはならない、というのが私の結論です。

 

例えば想像してみてください。

発音だけ良くても語彙力ナシ・文法力ナシでは会話はできません。

語彙数が豊富、文法力もあり試験で高得点取れても発音が悪ければ通じませんし、聴きとることもできません。

 

逆に会話ばかり練習しても発音・語彙・文法を学ぶ姿勢が無ければ、どれだけ頑張っても内容の無い薄っぺらい会話しかできません。

 

バランス良く【発音】【語彙】【文法】+【会話】を学習する方法

 

発音の基本は単語にアリ!

新出単語に出会ったとき、どのように学ばれていますか? 恐らく、スペルと意味を確認して終わり、という方が圧倒的に多いのではないでしょうか? もう少し頑張って、発音チェックしたとしても、ネイティブ音声を聴いて学んだつもりになっていませんか?

 

最も重要な点はアナタの発音が通じるかどうかです

英単語を学ぶとき、実際にご自身が正しく発音できているかどうか、まで徹底的に確認している方は少ないかと思います。が、実はここが盲点なのです!

 

ご自身の発音が通じるかどうか、今までは確認のしようがなかったかもしれませんが現代では「音声認識テクノロジー」が使えます! 簡易版 MS Word(無料)をスマホにインストールして言語を「英語」に切り替えてマイクをONにして発音してみましょう。

 

正しく認識されたらOK。

 

認識されない場合は発音記号を分析して発音改善をしてください。1つ1つの音素の確認には当サイトの音素一覧表をお使いください。

あわせて読みたい
音素一覧 【母音】 強母音・長母音 弱母音・短母音 強母音・短母音 弱母音・短母音 強母音・短母音  /i:/  /i/ /ɪ/ /ɪ/ /ɛ/ 強母音・短母音 弱母音・短母音 強母音・長母音 弱母...

 

音素(母音・子音)ができるようになったら、「音節」と「強勢」も発音に組み込んでください。「音素」「音節」「強勢」は切り離すことができないセットであるという内容を詳しく書いた以下の記事をお読みいただければ、その重要性をご理解いただけるかと思います。

 

あわせて読みたい
発音の基礎3点セット【音素・音節・強勢】はリズム感の土台であり、SpeakingとListeningに直結しています 【音素は英語の音声の最小単位→音素を文字化したものが発音記号→発音記号は日本語のひらがなのようなものです】 それぞれの音素をクリックすると詳しい解説ページが開き...

 

正しい単語の学び方が身に付いたら後は語彙数を増やすだけ

単語は文を構成する時の基本単位です。もし単語の発音が正しくないと文全体の発音も通じないものとなってしまいます。それほど単語の発音は重要なのでこの段階を疎かにしないよう重々気を付けてくださいね。

 

さぁ、単語の学び方が身に付いたのでこれからはどんどん語彙数を増やしていくだけです! 様々な教材がある中で、私は旺文社の「出る順パス単」をお勧めします。それはレベルに適した学び方ができるからです。

 

 

いきなり難易度の高い単語を学んでも意味がないので、ご自身がちょうど良いと感じるレベルを選んで1冊ずつ終わらせてから高いレベルにステップアップしていきましょう。

 

重要なことなので、念を押しますが「MS Wordでの音声認識」をセットで学習をしてくださいね。リスニングは受身ですがスピーキングは能動です。難易度の高いのは能動的な作業ですからここをスルーしないようにしてくださいね!

 

今日はここまで。。。明日また続きを書きますのでお楽しみに(^▽^)/

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

駐在した国:
アメリカ・中国・イギリス

出張で訪れた国:
韓国・カナダ・ドイツ・ロシア・トルコ・ポルトガル・スペイン・フランス・イタリア・オーストリア・ポーランド・チェコ・スゥエーデン・イギリス・アメリカ・中国・オランダ

ワーホリ:
オーストラリア

バックパッカー旅行:
中国・ベトナム・カンボジア・タイ・マレーシア・インドネシア・インド・フィリピン・香港

短期旅行:
ニュージーランド・セルビア・フランス・タイ・スロバキア・ラオス・エジプト

目次
閉じる