2020-09

英語学習方法

ひらがなが読めるように、英語の音素を読めるようになることが発音の第一歩

音素→音節→単語→句→節→文の順序で発音を積み上げると、文法も含めて理解が深まります 句、節、文は聞いたことがあるけど、音素や音節って何? と思われた方ご安心ください。1つずつ丁寧に解説しますので一歩ずつ階段を上るように理解できますよ^^ 先ずは「音素」を理解しよう 音素とはそれ以上分解できない音の最小単位です。 例えばcatはcとaとtに分解できますが、cをこれ以上分解できないのでcが音素です。aもtも同様にこれ以上分解できないので、これらも音素ですね。 では、cとaとtは、それぞれどんな音でしょう? c=シー・ a=エィ・t=ティ と答えた方は残念でした。 それは、アルファベットの名前なんです! では、catの音とはどのように発音すればよいのでしょう? ここからが難しい部分でカタカナで表記すると正しく伝えることができないで、音声ファイルで聴いてください。 c の音を3回聴いてください 「息だけのカッ」のように聴こえますがカタカナで書くと/ka/のように余計な/a/という音が入ってしまいます。 日本語に無い音はカタカナ...
2021.01.28
英語学習方法

外国人講師との会話1000時間投入!200時間単位で手応えを感じるので200時間x5クールを頑張ってみよう!

会話の練習を何時間もしているのに一向に上達しないと感じている英語学習者さん、絶対学習量を知っていれば無駄な遠回りや挫折をせずに学習継続できますよ。先ずは会話練習に1000時間投入しましょう。必ず上達します。悩んだり凹んだりする時間の無駄を徹底的に取り除き、淡々と会話練習に励む姿勢が大切です。
2020.12.26
発音

【消えるT】を極めよう インターネットが「イナネッ」になるワケ 

スペルがntの時、tは完全に消えてしまう 先ずはinternetという単語を音節ごとに区切りました。 ※音節とストレスの位置も発音改善に深くかかわる大切な要素なので①音節②ストレスの位置③発音記号の3点同時に確認する習慣をつけてくださいね☆ ※1マス1音節でにスペルと発音記号を記入し、上下に並べたのでスペルと歯筒音記号を照合してください。 ※ストレスの位置の文字サイズを大きくしましたので大きい文字を強く、小さい文字を弱く読んでください。 スペル in ter net 発音記号 ɪn tɚ net 対象となる部分は"nt"です。以下のマスの中から/t/を消しました。 スペル in er net 発音記号 ɪn ɚ net 発音記号とおりに読むと /ɪnɚnet/ 「イナネッ」と変わりますね! 文字サイズが大きい箇所(=ストレスの位置)をあなたが思ってるより3倍ほど強く読むことで、英語らしい発音になります。 音の強弱も発音の一環なので発音と合わせて習得しま...
2021.01.28
発音

Michael Jacksonの曲 Beat Itで2種類の[Flap T] と [Stop T] を習得しよう

マイケルがBeat It をビートイットと発音していないと気付いた経緯 私が中学生だった頃、毎週土曜日の午後2時から「セーラのPopsベスト10」というラジオ番組をよく聴いていました。ある日、マイケルジャクソンのBeat Itという曲がオンエアされたのですが、一瞬で魅了されてしまいました。 中学生の私にはマイケルの英語が全く聴き取れなかったのですが、何を言っているのかどうしても知りたくて、カセットテープをレンタルしてきました。現代のようにコンビニのコピー機も無かった時代なので、歌詞カードを手書きでノートに書き写しました。 左に英語、右に日本語訳を書き、発音記号は読めませんでしたが、気になる単語の下に辞書を引いては発音記号を書き込んでいました。 レンタルカセットはダビングして音源確保し、手書きの歌詞と何度も突き合わせをしながら文字と音声を一致させるべく聴きこみましたが、その時に気付いたのです。 マイケルは ビート・イット と発音していない、と言うことに!!! 何度聴いてもビネーにしか聴こえない音声をBeat It...
2020.12.26
発音

out of の発音はアウト・オブではありません

out of はアウト・オブではなく「アダ」となります 私達は文字を額面通りに読む癖がついているのですが、実際の英語は文字通り発音していないことが多いのです。 out of をアウト・オブと思い込んでいると、先方も同じ発音してくれるだろう、と期待しているので「アダ」と言われた時に聴き取ることができません。 なぜout of が「アダ」になるのか? を発音記号から分析 聴き取れない音は殆どの場合、自分で発音できないのですが裏を返すと自分が発音できるようになれば聴きとれるわけですよね? それならば先ずは発音できるようになることが先決です。そのためには音の分析から始める必要があります。 Cambridge Dictionary で out とofそれぞれの発音記号を書き出してみます。 out  /aʊt/ of    weak /əv/  strong /ɑːv/ 「弱形」か「強形」か、を見極める方法 こうしてみると of には "weak" と "stro...
2020.12.26
タイトルとURLをコピーしました