【消えるT】を極めよう インターネットが「イナネッ」になるワケ 

スペルがntの時、tは完全に消えてしまう

先ずはinternetという単語を音節ごとに区切りました。

※音節とストレスの位置も発音改善に深くかかわる大切な要素なので①音節②ストレスの位置③発音記号の3点同時に確認する習慣をつけてくださいね☆
※1マス1音節でにスペルと発音記号を記入し、上下に並べたのでスペルと歯筒音記号を照合してください。
※ストレスの位置の文字サイズを大きくしましたので大きい文字を強く、小さい文字を弱く読んでください。

スペル in ter net
発音記号 ɪn tɚ net

 

対象となる部分は”nt”です。以下のマスの中から/t/を消しました。

 

スペル in er net
発音記号 ɪn ɚ net

 

発音記号とおりに読むと /ɪnɚnet/ 「ナネッ」と変わりますね!

 

文字サイズが大きい箇所(=ストレスの位置)をあなたが思ってるより3倍ほど強く読むことで、英語らしい発音になります。

 

音の強弱も発音の一環なので発音と合わせて習得しましょう!

 

 

消えるTを含む単語

消えるTはアメリカ英語で頻出します。 会話では発音記号通りに丁寧に発音することは殆どありません。 このような変化を知らないと、とても簡単な単語なのに聴きとれない、ということになりますから知識として持っておくことは大切ですね☆

 

それでは internet と同じ要領で消える /t/ を練習してみましょう! 

 

international
/ɪntɚˈʃənəl/ ⇒  tが消える ⇒ /ɪnɚˈʃənəl/
 インターショノー             イナショノー

 

・ center  

/ˈsentɚ/ ⇒  tが消える ⇒  /ˈsenɚ/
  センター              ナー

 

・Isn’t it?
/ˈɪzəntɪt/ ⇒  tが消える ⇒  /ˈɪzənɪt/
 イズンテッ                 イズネッ

 

・wanted 

 /ˈwɑːnɪd⇒  tが消える ⇒ /ˈwɑːnɪd

 ゥンテッd                                    ンネッd

 

 

/ɪ/はイとエの中間音なので「エ」にも聴こえます。詳しくはこちらをどうぞ☆彡

★強母音/ɪ/と弱母音/ɪ/ ★/i/と/e/の中間的な音 ★舌の前側を使い /i/ と/e/ の間で口を開く母音です
強母音/ɪ/の音声を聴いてみましょう /i/ /ɪ//ɛ//æ//ə//u//ʊ...

 

 

/ɚ/はSchwaから滑らかに/r/に抜ける音です。詳しい記事はこちらをどうぞ☆彡

弱母音/ɚ/ フック付きシュワ・hooked Schwa・鍵付き曖昧母音
弱母音/ɚ/の音を聴いてみよう /i/ /ɪ//ɛ//æ//ə//u//ʊ//ɔ...

 

 

語末のLは「暗いL≒オ」で代用します。詳しい記事はこちらをどうぞ☆彡

明るいLと暗いL
英語のLは2種類あるって知ってましたか? 私は英語を学び始めてずいぶん経ってからこの事実を知りまし...

 

タイトルとURLをコピーしました