実践コース【上級編】 スティーブジョブス伝説のスピーチで発音矯正・・・fillとfeelが音声認識されるためのミラクルアドバイス✨

目次

Microsoft Wordで音声認識5回連続クリアを目指して取り組んだこと!

前回P76のNGは「Your work is going to fill a large part of your life.」の「fill」が「feel」と音声認識されてしまっていた為、この一文を正しく5回連続言えるようにというのが宿題でした。

①「fill」の発音記号(/fɪl/)の確認!

②注意点(短母音・ɪ =イとエの中間音・語末のL=暗いL=基本形の口でオ)

③音の変化(原形fill a→/fɪlə/)等を十分意識しながら5回連続にトライするも、5回中1回しか正しく認識されず、再び「feel」となっていました。何度も練習していて暗唱できていたので、今度は携帯を正面に持ち、携帯に向かって言ってみました。

すると最初の1文は正しく認識され喜んだのも束の間、次から音読中には「fill a」となっていても、1文読み終えると「feel a」に変換されてしまいました。試しにGoogle音声認識ソフトでトライしてみたところ5回連続正しく表示されたので少し気分が救われ迎えた今日のレッスン…。

迷ったら教材の音声の速度を落として聞き直し、隅々まで真似てみる!

Elena先生からのアドバイスで、もっとタイトに短く!靴のブラントFILAを言うようにと意識したり、一緒にジョブズさんの音声を聞き直したところ音の高低差が平坦になっていたので修正したり…と練習した甲斐あって正しく認識される率もあがりました! 最後に「feel」となってしまう現象は変わらずでしたがこれはWordのバグだろうとの判断でP76は卒業できました。

スペルに隠された音を見抜くこと!

続いてP78を音声認識したところNGは「read a quote」が「let the code」となっていた一か所!
まず「read」(/red/)が「let」となっていたのは明らかに「r」の発音が出来ていなかった証!そして「quote」(/kwoʊt/)が「code」(/koʊd/)となったことを分析し見えてきたことは、「/w/」の口の構えが出来ていないということ! 確かに2重母音「oʊ」を気を付けようと意識はあったものの、「/w/」の意識が欠けていました。

/w/=摩擦する長いストローのウであり、この音自体を長く発音してはならず、次の母音に素早く移行する!

/w/=摩擦する長いストローのウ

この音はあくまでも口の構えなので長く発音してはならず、次の母音に素早く移行する!

ここで「quote」のほかにも「queen」(/kwiːn/)のように「qu」(kw)など発音と綴りに一定の法則があることを「フォニックス」と呼ぶこと(ただこの法則にも例外が多いこと)や、子音は呼気を妨害する音であり有声音と無声音に分かれるが、母音は呼気を妨害しない音であり100%有声音だということ、また音声学的に「吐く息」を「呼気」と呼ぶこと等など丁寧な説明を受けました。

最後この一文を繋げて音声認識したところ「read a」が「read the」となってしまった原因(連結がstop dのようになっていた)を修正し無事5回クリアできました!

瞬時に問題解決できるのもElena先生レッスンの魅力です!
今日もありがとうございました!

後日談: 正しく発音すれば何度やっても100%正確に認識されるんだと気分スッキリ!


レッスン後、Elena先生より「fill」(/fɪl/)が出来ていない最終要因は母音/ɪ/(=イとエの中間音)ではないかということで、「エ」の音を入れて短く発音してみてくださいとのメッセージをいただきました。 

私は「エ」の音を頭に浮かべ短く発音してみたところ「fill」が出ました!次もその次も「エ」を念頭に置いて言うと「fill」が出ました! 


動画も見直し、イとエの中間音なのに「エ」に対する意識が低すぎだったことに気付きました。


またも速攻で問題を解決してくださったElena先生のミラクル・アドバイスに感謝です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

レッスンご希望の方はLINE登録のうえお問合せください。

目次
閉じる