語末の /n/  は「ン」ではありません!

数字の1は英語で one、発音記号は /wʌn/ です。

カタカナで書くと「ワン」だから何気なしにそのまま発音してしまうのですが

/w/は日本語の「ワ」ではなく、むしろ「ゥワ」と発音する、と前回の記事に書きました。

こんな簡単な単語に、そこまで説明が要るのか!?

と思われた方は本当に/wʌn/ を正しく発音できているかどうか再確認してみてください^^

 

語末の /n/ は油断のならない音

 

それは「ン」です。

/n/は「ン」ではなく、「ヌ」の寸止めだと考えてください。

音の作り方は、「ヌ」と発音する直前に舌先が歯茎に付いている状態で止めて、
声を出すのです。

※ここで舌先が歯茎から離れていない事を再チェックしましょう。

ここまでできたら、念のため /ʌ/の音についても書いておきますね。

 

/ʌ/は 喉の奥から出す「短いア」

 

この音は、日本語の「ア」で代用してもほぼ問題ないと思いますが以下の3点ができていれば

更にGOODですよ(^▽^)/

 

・口は親指が入るくらい開く(つまり、そんなに開かなくてOK)

・喉の奥から声を出す

・短い「ア」

 

one  /wʌn/ 発音のまとめ

 

「ワン」ではなく「ゥワ(ヌ)」です。

なるべくカタカナで書きたくないのですが、日本語での説明はどうしてもカタカナでするしかありませんから工夫をしてみました。

・ひょっとこ口のウは小さい「ゥ」
・寸止めのヌは(ヌ)

と表記しますのでよろしくお願いします。

簡単な単語でもわかっているつもりにならず、こまめに辞書を引くようにすると

「え、そうだったの!?」と驚くことが満載です。

では、次の記事をお楽しみに(^▽^)/

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました