発音を改善すればリスニングも同時に改善できます


/h/ 無声・声門・摩擦音

hot behave who whole

/h/は常に母音および半母音/j/, /w/の前の位置に現れ、それらと同じ口の構えで無声の出だしとなる。したがって/h/は他の摩擦音と違いそれ自身の口の構えというものを持たない。/h/を発音するときは口の構えは次に続く音と同じようになり声帯が少しだけ開いてささやくように音が出ている。/h/は語末には現れない。

日本語の「ハ行」のうち「は」「ヘ」「ホ」の子音は英語の/h/と同じである。しかし「ヒ」の子音は/h/ではなく、無声硬口蓋摩擦音/ç/で、前舌面と硬口蓋が著しく接近し/h/に比べ摩擦が強く英語で代用すると不自然である。

「フ」の子音は/h/ではなく無声両唇摩擦音/ɸ/で、発音するとき上下の唇の間の隙間はとても狭い。日本語話者はhood /hʊd/やwho/huː/ など/ʊ/や/uː/が続く/h/に/ɸ/を代用する傾向があるが英語としては不自然である。このような場合の/h/はすぐ後の母音/ʊ/や/uː/と同じ口の構えであるということを頭に入れて練習が必要だ。

語頭の/h/ heat hit hat who

語中の/h/ behind behave perhaps behold