スティーブ・ジョブズ「伝説のスピーチ」で発音改善

目次

聴こえなかった単語が聴こえるようになった!


今、私はスティーブ・ジョブズの伝説のスピーチ(2005年スタンフォード大学卒業式にて)に
取り組んでいます。Elena先生の発音矯正レッスンを始め3年が過ぎました。子音・母音と
1つ1つの音の特徴をとらえ正確に発音を学ぶところからスタートしました。

それまでは辞書を引いても意味を調べる程度で、発音記号で表されていることの重大さを
スルーしていましたので、辞書の引き方も見方も変わりました!


一通り学び終えたあとテレビドラマの「フレンズ」を教材に実際ネイティブがどのように
発しているのか、聞き取れる音・聞き取れない音、何故そうなるのか、どのような変化が
起こるのかなど、1台詞ごと再生スピードを落として確認し理解し真似し暗唱し…とトー
タルは5分でしたが、生きた会話を通して、英語がいかにメリハリのある言語かも体感し
ました。


そして目にする文章と耳にする文章の違いにも衝撃を受けましたが、レッスンで理解が深
まると、はじめは聞えなかった単語も捉えられるようになったり、口がうまく回らなかっ
た箇所も速さについていけるようになったりと、「出来る」楽しさが膨らんでいきました。

大きな声でメリハリ良く言えた時の方が、正しく認識される!


そして次の教材が、ジョブズさんのスピーチです。
会話と違いますが、正確なアメリカ英語を学べるとのおススメで始めました。
15分のスピーチですが、2年以上かかっています。


「フレンズ」同様一文ずつ全単語の発音記号を確認し、文の構造を理解しながらスティー
ブジョブさんを徹底的に真似る!速度を変えながら何度も練習を重ねました。

一通り全部終わりましたが、今もう一度最初に戻り、今度は実際に自分の発音が正しく認
識されるのか、AI音声認識アプリで1ページ単位の全文クリアを目指しています!
今日レッスンP70に向けて、自宅でも音声認識をトライし出来ていない箇所の練習を重
ねましたが、やはり本番Elena先生の前になると振り出しに戻ってしまっていた感じ。

でもそれはまだ定着していない証拠。Elena先生のレッスンでは出来ていない箇所を抜き出
して単語単位から確認します。そして文字を増やし一文まで…。


単語は出来ても文に入ると崩れてしまったり、一度出来ても連続5回続かなかったりと苦
戦しましたが、アドバイスを受けて気付いたのは、やはり大きな声でメリハリ良く言えた
時の方が、正しく認識されるのだ!ということ。そしてどこを強く読むべきなのか品詞を
確認し、間違えて捉えていた読み方も修正できたので、また次回に向けて練習を重ねたい
と思います! 

今日もありがとうございました!
                             

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

レッスンご希望の方はLINE登録のうえお問合せください。

目次
閉じる