Basic Course受講感想・・・二重母音/juː/と/jʊ/を学ぶにあたり、/j/の基本を押さえたら長年発音できなかったYear/jɪr/ができるようになりました!

目次

受講感想半母音の/j/ヨッドの発音ができるようになりました

本日は/j/(Jod=ヨッド)という音を学びました。この音は子音だけれど母音の/i/に近く、半母音と呼ばれます。(他に、wやrも半母音と呼ばれます。)/j/がもし母音チャートにあるとしたら、狭母音の/i/よりもさらに上にあり、舌の前側が上の歯茎にぎりぎりくっつきそうな感じになります。(本当にペタッとくっつけてはいけません。)その状態で声を出すと、「ジ」と「イ」の中間のような、

「イ“―」みたいな音がでます。これが/j/の音です。そして/i/と混同しないようにかすかに/ə/もつけます。

/j/が使われている二重母音は/juː/と/jʊ/があり、前者は強く長く、後者は弱く短い音です。二重母音/juː/にはcute/kjuːt/、cube/kjuːb/といった単語があります。 ここでの/j/は真面目に摩擦音を出して発音する必要はなく、/uː/の方を大きめに言います。「ィユゥー」みたいに聞こえます。

/jʊ/に関しては強勢が乗らない音で、/juː/が弱く「ィュ」みたいになった感じの音です。

Regular/régjʊlɚ/などがあります。(Cambridge Dictionaryでは/ə/で表記しているけれども、/ʊ/で表記をしている辞書もあり、今日のレッスンでは弱形/ʊ/を学びました。)

Year vs Ear の違いが分かり、音声認識率も100%という結果が出ました!

そしてYearとEarで/j/の練習をしました。私はこの音を学ぶのを心待ちにしておりました。というのも、英語学習者あるあるだと思うのですが、何回練習してもYear /jɪr/をEar/ɪr/と聞き間違えられる… 英会話の先生だったら文脈から判断してもらえるのですが、アメリカ現地だと「ん?」みたいな反応をされることがあり、何としても克服したいと思っていました。

先の文で/j/は半母音と言いましたが、yearに関しては子音扱いとなります。発音はいろいろな例外がありますね。Ear/ɪr/は比較的発音しやすいです。/ɪ/は微妙に振動させたりしなくて済みますし日本語の「い」と「え」の中間音っぽいですから。

Year (イヤー)とEar(イヤー)、カタカナで書くとまったく同じなので違いがわかりませんが、発音記号で考えると/jɪr/と/ɪr/のように全く違いますね。以上を踏まえて、さっそくレッスンでYear /jɪr/を音声認識してみたところ、yearがでました!以前はearが出ていましたが、今回初めてyearが認識されました。レッスン終了後、少し時間を置いてもう一度トライしてみたところ、

“yeah year year year year year year year”

8回連続で認識できました!よかったー。これを定着させるために何回も練習したいと思います。/j/のビリビリの匙加減がとても難しく思います。うっかりするとtheとかthereになってしまうし、ビリビリを抜きすぎてもhere になってしまうので、微妙な調整が必要ですね。

定着させるためにまだまだ練習が必要とはいえ、出せないと思っていた音が私にも出せるということがわかって、少し自信がつきました。

音節・強勢・音素を理解し、実践することが大事!!

もう一つ、本日のレッスンで学んだ重要なことは音節の数になります。Year /jɪr/とEar/ɪr/、含まれている音素の数はYear /jɪr/は3つ、Ear/ɪr/は2つですね。どちらも含まれている母音は一つだけなので一音節になります。音素が一個多いのでYearの音の方が若干長く聞こえますが、同じ一音節で発音します。音節は、母音の数で決まります。日本語とは違い、子音の音素が連続したりします。常に子音に母音がくっついてくるカタカナ英語だと音節が増えすぎて英語のリズムが狂ってしまいます。

どうしたら子音を子音として発音できるようになるか、は以下のステップが重要になります。

①音節を音素に分ける

②一つ一つの音素を正しく発音できるようになる

③音素を連続して発音できるようになる

④音節単位で連続で発音できるようになる

そのためにはまず一つ一つの音素を学ぶことが大切です。長い道のりですが、毎回新しいことを学ぶごとにゴールに近づいている感じがしてモチベーションが上がります。次回もレッスン楽しみにしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

レッスンご希望の方はLINE登録のうえお問合せください。

目次